トレチノインという成分は医薬品に分類されます。効果は市販の薬よりありますがその分副作用も市販品より若干ありますのでしっかりと使用方法を守り使用してください。せっかく肌を良くするのに副作用で逆効果…なんてならないようにしましょう。

ターンオーバーはトレチノインの一番の効果

トレチノインは通販で購入 | トレチノイン通販
↑トレチノインで美しくなりましょう

シミやしわ、ニキビに効果があると言われていて人気のトレチノインは「若返りの薬」とも呼ばれています。ビタミンA誘導体で、効果は通常のビタミンAの100倍~300倍にもなると言われています。皮膚科や美容外科、個人輸入で購入することができるため、自宅でトレチノインを使ったシミやしわの改善に取り組んでいる人も多くいます。トレチノインの一番の効果は、ターンオーバーを促進することにあります。肌の細胞は肌の一番外側にある表皮、真皮、皮下組織に分かれていて、皮下組織で生まれた細胞は徐々に下から押し上げられ表皮になって行き、最後には垢となり肌から剥がれ落ちていきます。この流れをターンオーバーと言い、通常28日~56日の周期で行われているのですが、加齢やストレス、紫外線の影響などでターンオーバーは乱れてしまいます。いつまでも肌に古い角質が残っていると、ニキビやシミなどのトラブルを引き起こす原因とあってしまいます。トレチノインはこのターンオーバーを促進することにより新しい肌の細胞を作ります。また、肌の表面の古い肌を剥がす効果もあり、その結果、肌の表面にニキビの原因となる古い角質が肌にたまることを防ぎ、シミの原因となるメラニンが含まれた細胞を新しい細胞の生成を促すことにより肌から剥がすため、ニキビやシミの改善につながります。またトレチノインを塗ると、肌の細胞に必要不可欠なコラーゲンやヒアルロン酸の生成が促されます。加齢が原因で減少していたコラーゲンやヒアルロン酸がトレチノインを振ることで増えるため、しわの改善にもつながるのです。美しい肌を保つために重要なターンオーバーを、トレチノインは一つの薬で行ってくれるのです。

トレチノインとハイドロキノンの併用は平気?

トレチノインは表皮の深い層にあるメラニン色素を排出する働きがあるビタミンA誘導体で、通常4週間はかかるとされる肌のターンオーバーを促進し、新しい皮膚に置き換えることでシミ、小ジワ、くすみといった肌のトラブルを解決する薬です。ハイドロキノンはシミの原因となるメラニン色素を生成する酵素の働きを抑制し、メラノサイトの数を減少させる作用があり、色素沈着したシミなどを取り除いて肌を白くすることから、肌の美白剤などと呼ばれる薬です。医療機関でシミの治療に使われるトレチノインは、単体で使われることは少なく、ほとんどの場合ハイドロキノンとの併用で使用されています。そのためトレチノインとハイドロキノンの併用には問題ありませんが、使用後の効果による問題が起こりますので注意が必要となります。トレチノインのターンオーバー作用は強力で、表皮の細胞を活発に増殖させ、古い細胞は角質として落とし、新しい肌へと生まれ変わらせるため、少しの刺激で過剰に反応する敏感肌となり、炎症や皮が剥けることによる問題を起こします。またメラニン色素も同時に排出するため、肌のバリア機能が低下し、シミができやすくなってしまいます。そこで色素沈着を抑えるためにハイドロキノンを使用し、シミの発生を抑えることになります。ハイドロキノンを使用することで、シミの原因は抑えることができますが、今度はメラニン色素が生成されず、外出すると紫外線によって肌にダメージを与えることになります。紫外線を浴び続けると皮膚ガンになる可能性もあるため、トレチノインとハイドロキノンを併用して使用した際は、紫外線から身体を守るために、UVカットの効く日焼け止めを用意しておく必要があります。

肌が弱い人はトレチノイン禁忌?

トレチノインは肌の新陳代謝を加速させ、肌にできてしまったシミを薄くしたり、しわを改善する効果があり、とても人気です。しかし、安全だと言われているものにも副作用が出る可能性がありますが、トレチノインはどうなのでしょうか。トレチノインの肌の新陳代謝を加速させる効果は、肌の細胞の入れ替わりの周期であるターンオーバーを早めることにより、古い角質を早く剥がし、新しい角質を作り出します。使用していると肌が炎症を起こして赤くなり痒みが出て、その後に患部が乾燥し角質がぽろぽろと落ちてきます。これはトレチノインを塗ったことによる効果で、ターンオーバーが促進されている証拠になります。トレチノインを実際に使用した人は、この状態を「アトピーが酷くなった状態」というほどのもので、朝トレチノインを塗ると、昼頃には角質がぽろぽろと剥けてくる状態になります。乾燥もひどくなるため、ファンデーションなどは綺麗に肌に乗りません。紫外線に当たることもシミになってしまうと言われているため真夏に使用することは避けた方が良いのですが、冬場はもともと乾燥しやすい時期のため、より一層乾燥が酷くなる可能性があります。また、痒みも強くなりますが、掻いてしまうと色素沈着が起こる可能性があるので、掻くこともできないという状態が1か月以上続きます。場合によっては、アルコールやナトリウムが含まれた化粧品やボディソープなどが沁みて痛みを感じることもあると言われています。これらを考えると、肌がもともと弱い人はトレチノインを使わない方が良いと言えるでしょう。どうしても使いたい場合には、しっかりとパッチテストを行って確認してから使用するかどうかを考えてもいいのではないでしょうか。