トレチノインという成分は医薬品に分類されます。効果は市販の薬よりありますがその分副作用も市販品より若干ありますのでしっかりと使用方法を守り使用してください。せっかく肌を良くするのに副作用で逆効果…なんてならないようにしましょう。

トレチノインの効果はどれほどか

美容皮膚科など美容系クリニックでは、外用薬による治療も行われています。
その中でも多くのクリニックで、処方されているのが「トレチノイン外用薬」です。
この外用薬はビタミンA誘導体の1種である、トレチノインを含んでいます。
ビタミンAはレチノールとして市販の化粧品にも配合されていますが、ビタミンA誘導体はレチノールの約100倍から300倍もの作用があると言われており、その美容効果は絶大です。
肌は表皮から順に様々な層が折り重なっている状態となっています。
最後は基底層という層があるのですが、トレチノイン外用薬はこの基底層にまで浸透し作用する事が可能です。
どのような効果があるのかというと、まず第一に言われるのが「肌細胞の分裂を促す効果」です。
新陳代謝を活性化させ、新しい肌細胞をどんどん作るのです。
この作用によって古い細胞が垢として剥がれ落ちる、ターンオーバーという働きを促進させます。

メラニン色素が沈着している肌細胞を、早く追い出す事ができるので、シミの改善にトレチノイン外用薬は大きな効果を発揮します。
また、古い角質を積極的にケアする、ピーリング効果を持っている点も特徴です。

この他にコラーゲンやヒアルロン酸といった肌にハリや潤いを出す成分の生成を促す作用から、小じわやたるみの改善もあります。
皮脂分泌をコントロールする事もできる為、ニキビの治療にもトレチノイン外用薬を用いるケースも少なくありません。
このように、様々な美容効果を持つ外用薬という事もあり、トレチノインは多くのクリニックで採用されているのでしょう。

いつものスキンケアに、この外用薬をプラスするだけで、これらの効果を得られるという手軽さも、トレチノイン外用薬が広まっている理由の1つと考えられます。

トレチノインを通販で買うには

 美しい肌と言えば、シミが一つもない潤いのある肌です。
そんな肌になりたいと願う女性は沢山います。
赤ちゃんのような肌をいつまでも維持したいと思われる方が多いです。
しかし、長年生きていると肌の細胞は老化していきます。
海やプールに何度も行く人は、30代を過ぎるとシミなどに悩まされる時期です。
美容大国のアメリカでは、シミが出来た時にトレチノインを使用することが一般的と言われています。
元々はニキビ治療として使用されているものですが、肌全体の若返りに効果があるのです。
日本ではトレチノインを入手することが難しいと言われています。
劇薬とも言われるので、個人で使用すると危ないのです。
美容皮膚科などの病院へ行き、医師の許可を得て処方されるものですが通販でも購入出来ます。
アマゾンなどで検索してみると、トレチノインは購入することが可能です。
海外から輸入すると、送料が高くかかる場合があります。
オオサカ堂は安いので、まとめ買いする人が多いと言われています。
送料も安く、商品代も一番安い所で買う方がお得です。
しかし、個人的に購入する場合は自己責任で使用しなければなりません。
もし、肌に合わない場合にはすぐに中止することが大事です。
初めは病院で処方してもらい、自分の肌に合うと感じれば次回からは通販で購入しましょう。
外国の化粧品は、外国人の肌に合うように作られているので、自分の肌に合うのかわからないものです。
商品が届いてもすぐに顔には塗らずに、まずは手に少しだけ使用してみましょう。
一日経っても痒みや赤みなどの肌トラブルが出なければ大丈夫です。
最初に使う時には少しだけでなくと、どんな反応が出るかわかりません。
特に敏感肌の人は注意しましょう。

トレチノインの使い方について

 綺麗な肌だなと思われる為には、潤いを保つことが大事です。
また、シミが一つもない肌は赤ちゃん肌のように見えるので実際の年齢よりも若く見えます。
若い頃に海やプールへ行くことが多かった人は、シミやそばかすに悩まされることもあります。
出来てしまったシミには、美白化粧品を使用してもなかなか改善するものではありません。
もう治らないのかなと諦めて、厚化粧で隠している人もいます。
アメリカではシミの治療として、トレチノインを使用している人が多いです。
元々はニキビ薬としてよく使用されているものですが、肌の生まれ変わりを早める薬となります。
出来てしまったシミにも効くことで有名です。
トレチノインは、クリームとして塗るだけなので使用方法も簡単と言われています。
美肌効果が高いですが、劇薬とも言われていて、トレチノインを使用している期間は赤みが出たりすることもあります。
塗る量に気を付けた方が良いですが、沢山塗りすぎると皮向けして肌がボロボロになってしまいます。
病院で処方してもらえますが、決められた分量を守りながら使用しましょう。
すぐに反応はありませんが、3日後に赤みや皮向けが起こります。
とても乾燥しやすくなりますので、保湿ケアは徹底しましょう。
化粧水や美容液を塗ると、肌がヒリヒリとすることもあるかもしれません。
これは正常な反応で薬が効いている証拠です。
肌の生まれ変わりが早まっているので、一時期は我慢しなければなりません。
個人差がありますが、2週間程経つと、皮がめくれて綺麗な肌が生まれてきます。
ニキビが出来にくくなり、シミも薄くなることに気付きます。
毛穴の開きや黒ずみなどにも効くと言われています。
肌を全体的に若返らせたい時にお勧めです。